コラム|【エスト天童歯科】天童市・東根市・寒河江市の歯科・歯医者

〒994-0016
山形県天童市東久野本1丁目6-33
  • 天童市・東根市・寒河江市・エスト天童歯科・電話
  • 天童市・東根市・寒河江市・エスト天童歯科・メニュー
NEWS 新着情報
2021/08/03 【8月の診療について】

12日(木)12時最終受付から15日(日)までお盆休診とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2021/07/02 【7月の診療について】

■7日(水)終日診療 ※通常休診ですが、木曜日休診の為診療
■8日(木)研修の為、終日休診とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2021/04/28 【5月の診療について】

5月3日(月)~5日(水)は休診とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2021/03/12 【3月の診療について】

■17日(水)終日診療 ※通常休診ですが、祝日のある週の為診療

2021/02/08 【2月の診療について】

■10日(水)終日診療 ※通常休診ですが、祝日のある週の為診療
■20日(土)診療17:30最終受付 ※歯科医師会総会の為
■24日(水)終日診療 ※通常休診ですが、祝日のある週の為診療
よろしくお願いします。

セラミック治療なら銀歯を白くできる?

皆さんこんにちは。エスト天童歯科です。

銀歯というは、その金属色が気になっても、ホワイトニングなどによって白くすることはできません。

それだけに、何とかして銀歯の色を改善したいと希望される患者さまは、非常に多くなっています。

そんな時、当院であればセラミック治療をおすすめしております。


セラミック治療とは?

セラミック治療とは、その名の通りセラミックを用いて詰め物や被せ物を製作する治療法です。

治療では「歯科用陶材」と呼ばれる専用の材料を使用するのですが、お皿などに用いられているセラミックとほぼ同じと考えて問題ありません。


銀歯との違い

セラミック治療と、銀合金を用いた保険診療の銀歯とでは、まず見た目に大きな違いがあります。

セラミックであれば、天然の歯に近い白色をしているため、銀歯の金属色を大きく改善することが可能です。

また、メタルフリー治療を行うことで、金属アレルギーのリスクをゼロにすることができるのも大きな違いですね。


レジンとの違い

保険診療ではもうひとつ「レジン」と呼ばれる一種のプラスチック材料も活用されています。 

見た目が白色を呈しており、前歯などの審美性が求められる部位の治療で選択されます。

ただ、セラミックと比較すると色や質感、光沢などに大きな違いがあります。

やはり、天然歯に近い形で欠損部を回復させるのは、セラミックが一番といえるのです。


セラミック治療にかかる期間

セラミック治療で銀歯を白くする場合は、銀歯を除去して歯の形を整え、セラミックの詰め物や被せ物を製作します。

ここまでにかかる期間はそれほど長くはありません。

なぜなら、むし歯を一から治療するわけではないからです。

そんなセラミック治療の具体的に治療期間などを知りたい場合は、お気軽に当院までご相談ください。


まとめ

このように、銀歯を白い歯に交換するのであれば、セラミック治療がおすすめといえます。

天然の歯のような質感や色、光沢などを再現するのであれば、セラミックを用いるのが一番だからです。

また、金属アレルギーの心配がなくなるという点も、大きなメリットといえますね。